トップページ > 脱毛器の脱毛方式

脱毛器の脱毛方式

近年、様々な種類の脱毛器が市場に出回っていて、その方式もいくつかありますが、実績とその効果から脱毛しやすい脱毛方式として、フラッシュ脱毛、レーザー脱毛、サーミコン脱毛が人気です。

一般的な脱毛エステで使用されている方式がフラッシュ脱毛で、宣伝広告などでよく目にします。

フラッシュ脱毛にはほとんど痛みはなく、脱毛本数は一回平均で80〜120本、処理にかかる時間は場所によりますが10〜20分程度済み簡単です。

美容形成外科などで使われる医療器具に分類される脱毛方式の代表が、レーザー脱毛になります。

その仕組みは、レーザーのエネルギーを熱に変化させて、その熱でダメージを受けた毛根の発毛をしにくくさせるのです。

ただ、フラッシュ脱毛と比べて多少の「熱さ」「痛み」を伴い、レーザーですので一度の脱毛範囲が非常に狭いので脱毛時間がかかります。

レーザー脱毛は徐々に毛が生えにくくなってくるので、計画的に少しずつ脱毛する事が出来るので、処理が楽で肌を傷めずにできるというのが、最大のメリットになります。

あまり耳慣れないサーミコン脱毛ですが、熱したワイヤーを毛に当てて毛根にダメージを与える方式で、毛を徐々に薄くさせていきながら、最終的に脱毛させるといったゆっくりとした脱毛方法です。

脱毛処理間隔が一週間に2〜4回と、他の方法に比べて多いですが、何といっても価格が安価なのが魅力になります。

いずれの方法も、毛根にダメージを与えるという方法は変わりませんが、価格や処理期間、痛みなど比較検討する項目はまだまだたくさんありますので、自分に合った方法を選ぶのがベストと言えるでしょう。